引っ越しする事で発見できる事もある

最近引っ越しを検討し始めて、ようやく念願の引っ越しが出来ました。
元々実家暮らしだった事もあり、家から持ってこれる物は自分で集めた小さな家具だけ。家電なんてないし、自室で使っていたものもほとんど置いていかなければならず、これから住むには明らかに足りないものが多すぎる状況でした。
引っ越しにかかる費用って意外と大きかったんですね。
お風呂に入ればドライヤーがなかった事に気付き、ご飯を食べようとすれば小分けにするお皿がないんです。
生活し始めないと必要な物すら気付かないのに、実家から持ってきたものと言えば不要な漫画や雑誌の山。
今考えれば何に使うやら…と頭を抱える始末でした。

母親からは「いらない物を捨てるなら売ってしまいなさい」と言われ、最近CMでもよく見るメルカリやオークションサイトを提案され、ネットに疎い私は考えたけども行動に移せず。近所で買取をしている店舗を何件もまわり、どうせ売るなら少しでも高く売ろうとしていました。
子供の頃から使っていた辞書や仕事で使えるような参考書。昔流行っていた漫画など、全巻揃っていなくても意外と高く売れたことに驚きました。
そして物を揃える時には通販が安いんです。
家電に関しては正直中古よりは新品を使いたいタイプの私ですが、あまりにも綺麗なので中古でも申し分ない。
冷蔵庫や電子レンジ等はおかげでコストを大幅に抑えて手元に揃える事も出来ました。

私にとっては新しい生活もそうですが、自分で何かを始める事も今までなかったので、一から自分で物を揃えたりする事も少し楽しかったりします。
毎朝のゴミ出しですら今回は両親の家事のお手伝いをするのとはまた違い、仕事から帰れば用意されていたご飯もありません。
家に一人きりというのは少し寂しい気もしますが「自立」という点ではこれからも日々勉強になっていくんだと思います。

ペットショップにて一目惚れしました

ペットショップに行くと小鳥コーナーが随分騒がしく賑わっていました。文鳥の雛たちが入荷されていたのです。みんなとっても可愛くて連れて帰りたいくらいでした。
そこに居たのは、桜文鳥3匹、白文鳥2匹とシナモン文鳥とシルバー文鳥とクリーム文鳥が1匹ずつ。計8匹の文鳥たちを目の前にして心がほっこりしました。
なかでも桜文鳥と白文鳥がお手頃な価格で、鉄板みたいですね。もう少し暖かくなったら文鳥を飼おうと思っているので、とりあえず調査中です。桜か白でとても迷っています。シナモンやクリームも可愛いのですが初心者には難しいらしく、丈夫な子を選ぼうと思っています。一緒に住むからには、快適に健康に育ってほしいですからね。手乗りにしてピッピッと飼い主さんと仲良くしている動画を見ると、とても羨ましいです。あんな可愛い子と一緒に遊べたら、日々の疲れも癒されそうですよね。
そうそう!とても人馴れしているインコがいたのですが、私に興味を持ってくれたらしく、私が鳥かごの前に立つと寄ってきてくれました。そして「撫でて」と言わんばかりに身体をめいっいっぱい近づけてきたのです(カゴごしだけど‥)。なんて言えばいいのでしょうか。毛が‥羽が‥もふもふっと‥とにかくフワフワなのです。カゴごしですが、そっと撫でてあげました。満足したかのように目を閉じてウットリとしていました。鳥の可愛さに魅了されております。私も、立派な鳥の飼い主になりたいと思います。