お天気の良い日は弾丸遠足がお奨めです。

天気の良い朝、何も予定のない時は家の用事を済ませて遠足に出かけます。今回のお目当てはサツマイモの紅はるかです。それを買いに香取市の道の駅くりもとまで弾丸遠足です。ここの紅はるかは地元で買うよりフレッシュな感じなのです。収穫後何日か熟成させてから店頭に並ぶのですがくりもとの紅はるかは萎びてなくとても甘くその辺の芋ようかんより甘くてねっとりしていて美味しいのです。高速を使えば早く着くのですが高速代を入れるとお高いサツマイモになってしまうので一般道で2時間近くかけて出かけます。
くりもとで紅はるかを2箱と袋入りの物を3袋買いました。近所の友人も紅はるかの美味しさにやられてしまい「行くならウチの分も買ってきてね」と頼まれていてちょっとした買い出しツアーです。焼き芋も売っていて試食とばかりに買って食べてみました。「うん、甘くておいしい」とニンマリしてしまいます。傍から見れば『そんなにサツマイモ好きなの?』って思われる光景です。女子はサツマイモ好きなんですと割り切り車に積み込み、もう一つのお楽しみに向かいます。
道の駅くりもとの裏手には里山が広がっていて下りて行くとザリガニ池やマス釣り池がありなんとクジャクまで飼育されているのです。それに放し飼いのアヒルが1羽いるのです。人に慣れていて人の後を追いかけお尻をフリフリして歩く姿が可愛いのです。ワクワクして里山に向かうと山は冬枯れてシーンとして生き物の気配がありませんでした。もういなくなってしまったのかなと思いつつ「グワッ グワッ グワッ」と呼んでみました。するとどこかで「ガア ガア ガア」と声が聞こえる様な気がします。「グワッ グワッ」と呼びながら池の方に下りて行きました。枯れたつつじの茂みの中にうずくまり「ガア ガア」とアヒルが返事をしていました。「生きていたのね。元気だった?」と話しかけると茂みから出てきて近寄ってきます。前回来た時にアヒルから近寄ってきてくれて可愛いかったのですが今回も茂みから出てきてくれて池の周りの散歩に付き合ってくれました。そしてまた茂みの中に帰って行きました。もう可愛くてスマホで一杯写真を撮りました。現在の待ち受け画面はそのアヒルです。弾丸遠足は思いもしない出会いがあり体力的にはきついですが精神的にはストレスが発散できて明日から頑張ろうと思えてお奨めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です